リーダーズインタビュー 

株式会社サンセキ 熊野俊也氏

必要とされる企業であり続けるために変化を恐れないこと

リーダーズ倶楽部へ参加されたきっかけは何でしたか?

メンバーにご紹介いただきました。私自身も異業種との交流が必要と考えておりました。発起人はじめ、こうした素晴らしい方々がメンバーならばぜひお話をお聞かせいただくような機会があればと思い入会しました。

現在、サンセキはどのような事業を展開されているのですか?

弊社は創業から45年、国内外の石材を取扱商品の中核とし、全国ネットでの墓石、建材販売・加工を行う石材総合商社として歩んでまいりました。

これまではお墓の小売店への卸を中心にしてきましたが、最近は少子化や核家族化により家族のあり方が変わり、お墓を取り巻く環境も変化し多様化してきました。お墓の継承の在り方も変わりつつあり、納骨堂などの形態も増えています。そうした時代の変化に対応した納骨堂の開発事業や寺院内の土地を有効活用した霊園開発支援をこれからの成長戦略としています。それから、終活サポート事業です。生前にお墓を買われるような、人生の終焉の事前準備をされる方も増えています。そのニーズに対応するためアイビーサイドという事業ブランドを立ち上げました。アイビーサイドとはアイビーの花言葉「永遠の愛」、英語のビサイド(beside)「側にいる」、仏教用語のサイド(済度)「悩みを解決する」という3つの言葉を合わせた造語です。お墓を売るだけではなくて、そうしたお客様のサポートとして、ひとり暮らしの見守りサービスや、お墓の引っ越し、生前・遺品整理のお手伝いもさせていただければと考えています。お墓のワンストップ・サービス企業を志向しています。

ご自身が企業経営者として大切にされていること、考え方をお聞かせください。

常に変化していくことですね。ダ―ヴィンの『進化論』に「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が残るのでもない。 唯一生き残るのは 変化する者である」という言葉がありますが、同じことをやり続けていても、時代に合わなくなる。必要とされなくなった時点でその会社の存在価値はなくなる。必要とされ続けるために変化していかなければなりません。弊社は石材の事業からスタートしましたが、石材事業のみに限定されず、お客様の人生をサポートするというキャッチフレーズを掲げ、会社の方針としました。

リーダーズ倶楽部に期待すること、今後やってほしい企画などはありますか?

講演やパーティー以外にも、食事会など毎回顔を合わせて距離も近くなるような機会もあれば良いですね。あるいはメンバーの企業訪問なども企画してもらえれば。都内だったり日帰りの研修会であればより参加しやすいです。

プロフィール

熊野俊也氏インタビュー

代表取締役
熊野俊也(くまの としや)氏

鳥取県出身。1988年日本大学法学部入学。1992年渡米バーモント州にあるセントマイケルカレッジへ語学留学。1997年父親が創業した株式会社サンセキに入社、2007年代表取締役に就任して現在に至る。趣味は読書と最近始めたゴルフ。 愛読書『稲盛和夫の実学』

株式会社サンセキ
本社 〒689-2293
鳥取県東伯郡北栄町東園323-1
TEL0858-49-1111 FAX0858-37-4519

東京四谷支店 〒160-0004
東京都新宿区四谷2-4-18 第3アマシンビル7階
TEL03-6273-1690 FAX03-6273-2555

URL https://www.sanseki.net



トップ経営者コミュニティ「賢者の選択リーダーズ倶楽部」に いいね!(Facebook)&
フォロー (Twitter)してください!

経営者の方々に情報発信中!